PR




【DTMギター打ち込み入門編】METAL-GTXの使い方!!キースイッチでダウンピッキングとブリッジミュートを演奏してみよう!!

※本ページはプロモーションが含まれています


この記事では、無料で使えるプラグインMETAL-GTXの使い方について紹介します。

今回は、入門編ということでブリッジミュートでズンズン鳴らせる方法についてまとめてます。

こんな方におすすめ↓↓↓

  • METAL-GTXの打ち込み方を知りたい
  • 無料プラグインでギターを打ち込みたい
  • キースイッチの打ち込み方を知りたい
けいいち
けいいち
もし、DTMでメタル系でズンズン鳴るギターを打ち込んでみたいって方や入力方法を知りたいって方の参考になれば幸いです。

解説動画もあります↓↓↓

METAL-GTXについて軽く紹介


METAL-GTXとは無料で公開されているプラグインで名前にMETALっとある通りMETALに特化したエレキギタープラグインです。

日本人の方が運営されているのでインストールの手順が日本で解説されていたり安心感があります。

METAL-GTXを使ってる理由は、、、

  • 有料プラグインはハードルが高い(DTMはお金がかかるのよ)
  • 有料プラグインは数が多くて迷う
  • 有料プラグインはアンプシュミレーターも付属するから容量が必要(DTMは容量問題も悩みのタネ)
  • アンプシュミレーター(BIAS FX2.0)を持っているのでギターのみが欲しかった

METAL-GTXは無料で使えてアンプシュミレーターは付属しないので、自分の探している条件に当てはまったので使い始めました。

ベース、琴などの音源もあるので興味がある方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

公式サイト

けいいち
けいいち
全部、無料で使うことができます。

キースイッチとは~ダウンピッキングとブリッチミュートを使うぞ!!


 ギターの打ち込みで1番重要なのは、キースイッチ!!

キースイッチを例えると「奏法の指示」です。

エレキギターには、たくさんの奏法があります。

例えば、、、

  • ダウンピッキング
  • アップピッキング
  • ブラッシング
  • ブリッチミュート(パームミュート)
  • チョーキング
  • スライド(インとアウト)
  • トリル

などなど

出したい音がダウンピッキングならダウンピッキングの入力をすると音がなります。

ダウンピッキングでブリッチミュートの音を鳴らしたいなら音とキースイッチを入力する必要があります。

  • (C1)  ダウンピッキング
  • (D#1) ブリッジミュート(パームミュート)
けいいち
けいいち
エレキギターは奏法が多くキースイッチの入力が大変です。なので、入門としてダウンピッキングとブリッチミュートではじめてみてはいかがでしょうか?

GuitarProを使う方法


 GuitarProを使います!!

GuitarProを使う理由は、、、

  1. 楽譜を書くときはGuitarProを使ってる
  2. キースイッチも楽譜に記載する

この2つです。

キースイッチを楽譜で書くと可視化できるので便利です。

ギターだけの楽譜をまとめると、、、

  1. 正規(奏法もまとめる)
  2. 正規の音だけで(※1奏法は入力しない)
  3. キースイッチの入力(※2 TABで記載)

※1 MIDI出力してCubaseで読み込むとエラーが出るから奏法を入力しない

※2 可視化するために使う。特にルールはないので自分でわかるようにする

自分の場合は、、、

  1. 6弦 0フレットが(C1)  ダウン・ピッキング
  2. 5弦 0フレットが(D#1) ブリッチミュート(パームミュート)

音作りをしよう


METAL-GTXはアンプシュミレーターがないので別に用意する必要があります。

自分は、BIAS FX 2.0を使用しますが、他のプラグインも使うことができます。

BIAS FX 2.0はプリセットでMETAL系の音色があるのでお気に入りのプリセットを選びます。

Cubaseで入力してみよう


 手順

  1. GuitarProでMIDI出力
  2. 出力したMIDIを読み込む
  3. キースイッチの調整(極端に下に移動する)
  4. ギタートラック(METAL-GTX)にキースイッチをコピペ
  5. キースイッチの位置調整


注意点は、キースイッチは切り替わるときに入力すればOK(毎回入力しなくてもいい。)

けいいち
けいいち
ダウンピッキング続くなら、1回でOK

デモストレーション

 ギターはすべてMETAL-GTXを使ってます

まとめ

今回の記事はこれで終わりです。

まとめると、、、

  • METAL-GTXは無料で使えるプラグイン
  • アンプシュミレーターは別で必要
  • キースイッチで奏法を切り替える
  • キースイッチは可視化すると便利(自分はGuitarProを使う)

重量なところをまとめるとこんな感じです。

けいいち
けいいち
有料プラグインはハードルが高い、容量を使うから抵抗がある、無料プラグインで十分って方は、METAL-GTXを使ってみてはいかがでしょうか?

PR イケベ楽器店


\\日本最大級の楽器通販サイト//

限定商品も多数取り揃え

  • ・最大75%OFF
  • ・MAX 20000円OFF←今年最大の激得

ギター/エレキギター/アコーディオン/エレアコ/ベース/エレキベース/ドラムなど

公式サイト

コメントは受け付けていません。